HOME

球磨川サイクリングロード

おとなりの熊本県を代表する川、球磨川ぞいに作られている大規模自転車道球磨川サイクリングロードをご紹介します。人吉市の中心部から球磨郡湯前町までをほぼ東西に走る、約30キロの行程。正式名称は一般県道湯前人吉自転車道線といいます。

球磨川サイクリングロードの地図

目次

ツーリングマップルのページ記号は2003年春以降に発売された新版を基準にしています。

人吉駅

人吉駅前

球磨川サイクリングロードの公式なスタート地点は、市街地の中心部にある人吉駅

ツーリングマップル九州P.43人吉5-D 旧版P.59人吉6-C

駅前広場にはお城の形をしたからくり時計があって、毎正時になると太鼓の音と共にゆっくり扉が開き、人形がお囃子にあわせてユーモラスに動き出す仕掛けが楽しいです。


駅の観光案内所

駅の中にある観光案内所では、サイクリングロードのルートマップや、周辺の観光スポットが詳しく載っているパンフレットがいろいろもらえるので、初めての人はぜひ立ち寄ってもらいたい所です。


国道445号を五木方面へ

まず駅を背に、正面の道をまっすぐ南下します。

そして3つめの信号交差点で国道445号に突き当たったら、そこから五木・水上(みずかみ)方面へと左折。

あとは、しばらく道なりです。


青井阿蘇神社

ちなみにこの交差点を右に行くと、日本最南端の国宝建築物として名高い青井阿蘇神社がすぐ近くにあります。


混み合う市街地の道路

ところで・・。
人吉駅周辺は食事をしたりおみやげを買ったりするにはいいですが、車や人で常に混み合っているので、自転車を楽しむサイクリングロードとしては・・正直あまりお勧めではありません。


[↑目次へ]

人吉城址

人吉城址から出発

というわけで、shun(作者)はもっぱら人吉駅から南東に1キロほど離れた所にある、人吉城址をベースに走り出す事にしています。

球磨川のほとりに建つ昔の城跡で、春には花見客で賑わう桜の名所。すぐ近くには観光用駐車場もあって、車で来た時にはすごく便利なのです。


市役所隣の観光客用駐車場

観光用駐車場は誰でも無料で利用出来、時間制限も特にありません。お花見やお祭りの時期を除けば、週末でもだいたい空いています。


元湯温泉

湯前まで往復して汗びっしょりで帰ってきても、すぐ近くに元湯という昔ながらの雰囲気のある温泉があるのがお気に入り。


[↑目次へ]

国道445号を東へ

球磨川を渡る

駐車場を出たら、城址のそばに架かる水ノ手橋で球磨川を渡り、市街地方向へと向かいます。


交差点を右へ

橋を渡ったら国道445号に突き当たりますので、ここの五日町交差点から右方向へと曲がります。

ここからが球磨川サイクリングロードの公式ルート


くま川下りの発船場

道幅はぐっと狭くなり、路側帯の上も電柱だらけ。車の往来もかなり多く、自転車には肩身の狭い道が続きます。

特に途中のS字カーブは向こう側が見えない危険箇所。歩行者にも十分注意しながらゆっくり進みます。


くま川下りの発船場

カーブの先には、有名な球磨川下りの発船場があります。


踏切

肥薩線の踏切を渡ると、国道445号はすぐ左に折れますが、自転車道のルートは道なりにまっすぐです。

ここの道幅が一番狭く、しかも少しきつめの登り坂。頼みの歩道も申し訳程度にしかつけられていません。安全のためには自転車を降りて押すのが一番いいかもしれません。


[↑目次へ]

願成寺町交差点を右折

願成寺町交差点

坂道を上がって最初の信号のある願成寺町(がんじょうじちょう)交差点から、横断歩道で右へと渡ります。


九州自然歩道の看板

ここは九州自然歩道との交点。橋のたもとに案内板が建てられています。


曙橋を渡る

曙橋のゆるやかな坂を下りながら、球磨川をもう一度向こう側に渡り直します。

正面に見えるのは、九州自動車道の高架橋です。


曙橋からの雄大な眺め

橋の上からは、眼下を流れる球磨川と肥薩線の鉄橋、その向こうには人吉城址の森と市街地の雄大なパノラマが広がります。西向きなので夕暮れ時の眺めは特に素晴らしいです。

自転車を走らせて楽しむサイクリングロードが実質的に始まるのはこの辺りから、とshun(作者)は捉えています。

以前、地元の人にお話を伺った所、自転車を渡し船に乗せて球磨川を渡り、混雑する市街地を迂回させてはどうか・・という大胆なルート構想が計画段階であったそうですが、残念ながら実現には至らなかったようです。


九州自動車道の高架下

高速の高架下

ツーリングマップル九州P.43人吉5-E 旧版P.59人吉6-C

それでは、湯前駅を目指して走行開始!


車止めが多い道

ここからしばらくの間、一般道の歩道と兼用になります。

さっきまでの市街地中心部とは打って変わって広大なスペースで、人通りもほとんどありません。逆に幅が広すぎるせいか違法駐車除けの車止めの柱がやたらと多く、ちょいと邪魔な感じです。


[↑目次へ]

信号交差点を左折

短い坂を上がると、信号のある大きめの交差点に出ます。ここの矢印看板の指示に従い、左方向(東)へ横断歩道を渡ります。

ツーリングマップル九州P.43人吉5-E 旧版P.59人吉6-C(旧版には道の記載なし)

ここは車道左端を走っていると案内看板を見つけにくいので見逃しやすいポイントです。shun(作者)も最初に走った時は気づかず素通りしてしまいました。


はるか向こうへと続く道

交差点を渡った先にはサイクリングロードの全行程と距離を示した大きな看板があります。道はまだ始まったばかり、のんびり行きましょう。


歩道を進む

広い歩道の上をずんずん進みます。

車道に出て走ってもいいですが、人吉市街地から国道への抜け道的な役割があるためか、細い道の割に交通量はそこそこあり、ドライバーも結構飛ばしていますので注意が必要です。


[↑目次へ]

坂の途中で右折

右手に見える滝

球磨川の支流、鳩胸川の橋を渡り、道が少し上り坂にかかりはじめた所にある横断歩道の手前に、右折ポイントを示す矢印看板が立っています。ここから道を右に渡り、車止めを抜けて山林の中へと入ってゆきます。

ツーリングマップル九州P.43人吉5-E 旧版P.59人吉6-C(旧版には道の記載なし)

ここもうっかり見逃す人が多いようです。一応まっすぐ行っても再びルート上(国道219号)に出られるのですが、その前に少々長めの坂を上るハメになります。


林の中の道

木漏れ日の中、ゆるやかな坂道を進みます。道はしっかりと舗装されていますが、場所によって木の葉や枝が多く落ちているのでスリップには注意です。


滑りやすい路面に注意

コケが生えているので濡れると滑る

この道には車が入って来れず、人の往来も少ないため、路面にコケが生えやすく、雨の日はいっそう滑りやすくなるので、用心して進んでください。

特に茶色く塗られたコンクリート鋪装の部分は要注意で、立ち漕ぎをしただけでもタイヤがズルッとすくわれてバランスを失い、非常に危険。以前、shun(作者)もここで転んでクロスバイクの部品を壊してしまった事があります。


[↑目次へ]

人吉クラフトパーク前を左折

国道219号へと出る鳩胸川橋

人吉市街地から5キロ弱、道は再び鳩胸川を渡って国道219号へと出ます。

ここにある矢印看板の案内に従い、ルートは左に折れます。

ツーリングマップル九州P.43人吉6-E 旧版P.64えびの1-D


クラフトパーク

道路をはさんで正面に見えるのが人吉クラフトパーク石野公園。大きな駐車場や売店、食堂、レンタサイクル、キャンプ場まで備え、水場や男女別水洗トイレも完備。


国道219号を東へ

ここからしばらくの間、国道219号沿いを東に進みます。


国道219号と国道221号の交差点

ゆるやかに坂を下ると、国道219号からえびの市方面へ向かう国道221号との分岐点が見えてきます。ここを右方向に行けば、ドライブの名所として有名な人吉ループ橋があります。

国道はこのあたりから少し上り勾配になります。少し先に横断可能な信号交差点があり、道の向こう側にはイオンやサンロードなどの郊外型ショッピングモールが集中しているので、買い出しに便利です。


この先に控えている球磨川沿いのメインルート上にはコンビニや売店は一切なく、自販機の類も設置されていません。周りは基本的に田舎の田畑ばかりなので、近くで買い物が出来る場所は限られています。

途中5〜6キロ毎に5カ所ある休憩所では水道やトイレが使えますが、日よけや雨宿りの出来る場所はそれ以外では橋の下くらいしかなく、真夏の炎天下に最後までぶっ通しで走るのは初心者にはきついでしょう。熱中症予防のためにきちんと帽子やヘルメットをかぶり、出来ればこの国道沿いで補給食やジュース類を購入しておく事をお勧めします。

[↑目次へ]

国道219号から離れて球磨川沿いへ

小纚川の所で左折

人吉クラフトパークから2キロほど進んだ所で、ふたたびサイクリングロードの距離表示のある大きな看板と、左折を示す矢印看板が現れます。

ここで国道219号とはお別れ。いよいよ球磨川本流沿いのメインルートへと向かいます。

ツーリングマップル九州P.43人吉6-F 旧版P.64えびの1-D


川沿いに伸びる道

球磨川の支流、小纚川(こさでがわ・さでは糸へんに麗)に沿って、ゆるやかなカーブを進みます。


右折して橋を渡る

正面右側に橋が見えてきたら、路面の案内どおりに右へ折れ、橋を渡ります。

交差点がちょっと複雑なのに加え、ここを通る車はわりと勢いよく走ってくる事が多いので気を付けてください。


[↑目次へ]

県立球磨中央高校から踏切を渡る

伊沢踏切

県立球磨中央高校のグラウンドを右手に見つつ、道なりに進んで踏切を渡ります。

2017年9月2日追記 旧名は球磨商業高校。近隣校との再編統合にて平成29年4月より球磨中央高等学校となりました。


肥後西村駅

すぐそばにはくま川鉄道肥後西村駅(ひごにしのむらえき)があります。


道沿いに進む

木綿葉大橋(ゆうばおおはし)の下のトンネルをくぐって坂を上がれば、球磨川沿いのメインルートに出られます。


トンネルをくぐると川面に出られる

トンネルの壁には、近くの学校の生徒が描いた、球磨川の自然の情景をモチーフにしたカラフルな壁画があります。時間があったらゆっくり鑑賞してみてください。


広々とした自転車道

人吉市街地から約8キロ、ようやく本格的なサイクリングロードに出ました。あたりには視界をさえぎる大きな建物もなく、人吉盆地の周囲を囲む山々がよく見えます。

さあ、思う存分走りましょう!


[↑目次へ]