HOME

バッテリーの交換

バッテリー交換

バッテリー交換の手順を書いてみます。

電圧はたったの12ボルトですが、不用意に扱うとたいへん危険。ドライバーが溶けたり、破裂や火傷の危険すらあります。初めての方も経験者の方も、じゅうぶん注意しながら作業しましょう。


必要なもの

新しいバッテリー
Bandit250に使われているのはMF(メンテナンス・フリー)バッテリーで、容量は6Ah。YUASA製のYTX7A−BSまたは同規格のものが適合します。作業する前に付属の取説にもよく目を通しておいてください。
10ミリのボックスレンチまたはスパナ
タンクを降ろすときに使います。
4ミリの六角レンチ
サイドカバーを外す用。シートの下にあるやつでいいです。
その他
プラスドライバー、紙ヤスリなど。

車種別の適合表

バッテリーメーカーのYUASAが運営するジーエス・ユアサ バッテリー オフィシャルサイトには各車種別の適合バッテリー一覧表があり、自分のバイクに合ったバッテリーが簡単に検索出来ます。当該ページに直リンクしたいところですが、YUASA側がサイトへのリンクを許可制にしているために張れません。とりあえずユアサ バッテリー 適合表で検索すれば出てきます。

バッテリー液の注入

シールを剥がし 液を注入し 確実にフタをする

たいていの場合、新品のバッテリーには液が入っていませんので、使用する前に付属のタンクから注入する必要があります。完全に入りきるまで10〜15分はかかりますから、Bandit本体のバッテリーを降ろす前にやっておきます。
最近は注入済みの状態で売られている製品もあり、その場合はもちろんこの作業は必要ありません。

なるべく水平な場所にバッテリーを置き、上にある封を切って、注入口にゴミなどないか確かめます。それから付属の液タンクをさかさにして、6つある注入口にそのままブチュッと差し込みます。漏れがないよう水平に確実に差し込んでください。
ポコポコ気泡が上がってきて、少しずつ液が入っていくのが分かります。均一に入っていかないときは、上から軽く叩いてみてください。

現物を見るとよくわかりますが、バッテリーメーカーの技術者はヤクルトのビンを見てこの液タンクの封方式を思いついたんだそうです(何かのラジオのインタビューでそう話していました)。でも中身は大違いの希硫酸ですから、もし目にでも入ったら大変。取り扱いは慎重に。

完全に注入が終わったら、ゴムキャップパーツを確実にはめ込みます。バッテリー上面と同じ高さになるまで押し込みますが、キツイ場合もあるので、ドライバーの柄などを使って確実に押し込みます。間違っても尖った先端で押し込んだりしない事。傷でも付けたらもう1個買うハメになります。

ほとんどのMFバッテリーは即用式なので、液を注入した時点で電圧は出ていますから、特に追加充電しなくてもそのまま使えます。ただし真冬のよっぽど気温の低い日は電圧が出にくい事があるので、バイク屋さんにある専用充電器で取り付け前に充電してもらうか、交換後にちょっとひとまわり走ってくるのがいいです。アイドリング程度の回転数ではあまり有効な充電はされません。

MFバッテリーの充電をするにはMF対応の充電器が必要で、ホームセンターで3,4千円で売られている自動車向けの安価な充電器で長々とチャージしていると液漏れや最悪の場合破裂を起こす危険があります。しかしMF対応充電器は少々高価なのがネック。

バッテリーの取り外し

台座を外す ボルトは4本 左に持ち上げ、どかしておく

まずはタンクを降ろします。サイドカバーと、タンクの後ろにある2本の固定ボルトを外すだけでもいいですが、慣れないうちはフレームからタンクを完全に降ろしてしまった方が安全です。

バッテリーを取り出すには、タンクが留めてあった台座をどかす必要があります。この台座はタンクを止めていたのと同じサイズのボルト4本でフレーム両側から固定されています。ボルトの長さが前と後ろで違いますので注意しましょう。

この台座の裏側にはシートロックを解除するためのワイヤーやメインハーネスの支持サドルがつながっているので、無理な力がかからないよう、左側に起こす感じで開いておきます。

マイナス端子は右側 接触しないよう注意

短絡事故(ショート)を防ぐため、バッテリーの端子は必ずマイナス側から先に外してください。

先にマイナス側を外しておけば、もしプラス端子と周囲のフレームが何かの拍子に接触しても、バッテリーから電流が流れ出る事は絶対ありませんから安全です。外したマイナス側のコードが作業中にくねって端子に戻ってこないよう、確実に離しておきます。

ショートが発生すると大電流が接触点に一気に流れ、その熱でドライバーくらいの金属棒ならバン!と弾けて溶けてしまいます。有毒ガスの発生やバッテリーの液もれ、最悪の場合破裂する危険もありますから、じゅうぶん安全を確かめながら作業してください。

バッテリーの取り付け

右側がプラス ナット類は新品に 交換した日付を書いておきましょう

バッテリーを車体に入れる前に、バイク側のコード端子の接触面は細めの紙ヤスリで奇麗に磨き掃除しておきます。端子固定用の四角ナットやボルトはもちろん付属の新品に交換。

取り付け時は、外すときとは逆にプラス側の端子から先に取り付けます。理由は同じです。

プラス側に新品のボルトをきっちり締め込み、赤い絶縁カバーを完全にかぶせます。それが終わってから、今度はマイナス側を確実に接続します。

あとは外したタンクやパイプ類をきちんと元通りにして、完了

エアクリーナーなどと同じように、出来れば交換した日付をビデオのラベルシールにでも書いて、バッテリーに貼っておきましょう。普通なら数年に1度しか替える機会はないはずですから、前回いつ替えたのか忘れてしまう確率はかなり高いです。もし次の交換を待たずにBanditを手放してしまう事があっても、次のオーナーにとってすごく有益な情報となるはず。別途整備手帳などにきっちり書き込んでもいいですが、パーツそのものに書いておく方が簡単明瞭で説得力もあると思います。

古いバッテリーの処分

古いバッテリーは必ずバイク屋さんや専門の業者さんで引き取って貰うようにしましょう。別途料金がいるかもしれませんが、それも必要経費のうち。バッテリーには有害な物質がどっさり含まれていますから、山中へのポイ捨てなど言語道断です。

ちなみにshun(作者)の地元、鹿児島県薩摩川内市では下記の業者さんに持ち込めば無料で引き取って貰えます。

(有)川内バッテリー
〒895-0064 鹿児島県薩摩川内市花木町 17-32
TEL 0996-22-5726
宮脇電機工業所
〒895-0041 鹿児島県薩摩川内市隈之城町 335-3
TEL 0996-23-1653